Windows Update 1909の再起動がやたら遅くて仕事が進まない

先日、会社の自分PCでエクセルで日付を入力した時に「令和」と表示されず、「平成」のまま表示されていました。
原因はWindows Updateを当てていなかったからという事が判明。
早速Windows Updateを当ててみたらとんでもなく時間がかかったのでメモ

Windows Updateの時間がかかる事は分かっていたので、ダウンロード、インストールは事前にしておきました。

Windows Updateの再起動がかからなかった

8:40から再起動を始めて、終了したのが11:43でした。
Windows Updateの完了までにかかった時間が脅威の3時間

終わるまでは暇で、画面にかじりついていました。

更新プログラムの構成が0%~20%になるまで約40かかったので、単純計算すると合計で7時間くらいかかるんじゃないかと思いましたが、3時間で終わってよかった(?)です。

ちなみに、再起動が何回かありましたが、タイミングとしては以下の2回でした。

  • 更新プログラムの構成が30%の時
  • 更新プログラムの構成が75%の時

PCが動かなくてもマウスをカチカチしたり、キーを連打したりするのはPCがフリーズする事があるので絶対に辞めましょう

Pocket
LINEで送る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です