ドコモからのUQモバイルへの乗り換え手順と感想

コロナウイルスの影響で経済に深刻なダメージを与えているというニュースが多く流れています。
そこで、この先の事は誰も分からないので、できるだけ心の余裕を持ちたいと思い、お金を貯めようと思いました。
それにはまずどうすべきか考えた所、固定費を下げるのが手っ取り早いと思いました。
さらにその中で一番目に見えてすぐ結果が分かる携帯料金の見直しを行ったところ、UQモバイルに乗り換えることにしました。

更新月か確認
利用料金を確認しよう
機種変更か今の端末をそのまま使うのか
どのくらい安くなったの?ぶっちゃけどう?

更新月か確認

更新月とはザックリ言うと、現在お使いの端末を契約した時に2年目までドコモで契約していればオトクに利用できますが、2年経過しない内に解約すると違約金(約9,000円)がかかってしまいます。
確認方法は以下のサイトを参考にさせて頂きました。

ドコモの更新月は3ヶ月間!確認方法、お得に解約する方法も解説

利用料金を確認しよう

UQモバイルに乗り換えるといっても、乗り換え元のキャリア(携帯会社)より料金が高くては意味が無いので、My docomoのアプリで自信の料金を確認しておきましょう。

 

機種変更か今の端末をそのまま使うのか

UQモバイルに乗り換えると同時に機種変更も検討している方は問題ないのですが、現在の端末をそのまま使いたいという方はUQモバイルで現在の端末が動作確認されている端末か確認してから乗り換えないと、いざUQモバイルにした時に端末が動かないなんて事があります。
そうならないように公式サイトで自分の使っている端末が利用できるか必ず確認しましょう。

UQモバイル動作確認端末一覧

また、端末をそのまま使いたいという方はSIMロック解除の手続きが必要です。

SIMロック解除

特に面倒くさい事はなく、ドコモの公式サイトに従って行えばすんなりできました。
僕の場合は手数料は無料でできましたが、古い端末(2011年4月~2015年4月に発売された端末?)等だと手数料がかかるみたいです。詳しくは公式サイトをご覧ください。

ドコモSIMロック解除

また、電話番号の引継ぎ(MNP)の手続きも必要です。

MNPの手続き

これがかなり面倒くさかったです。
何故なら、僕の場合、インターネットでの手続きができなかったからです。
何故できないのかは分からないのですが、とりあえずインターネットから手続きを行ってみます。

  1. My docomoのアプリを起動
  2. 左上の三本線のmenuをタップ
  3. My docomo(WEB)をタップ
  4. 契約内容・手続きをタップ
  5. 携帯電話番号ポータビリティ予約の携帯電話番号ポータビリティ予約(MNP)をタップ
  6. 注意事項をよく確認して、お手続するをタップ

この次の画面でインターネット上で手続きができるかの表示が出るかと思います。
もし手続きができない場合は電話での手続きとなります。

現在、電話の手続きは非常に時間がかかります。
僕の場合は電話のオペレーターに繋がるまで1時間、オペレーターに繋がり手続き完了まで40分。計1時間40分かかりました。

なので、休日など時間があるときに行いましょう。

以下、電話番号

151 (docomo携帯からのみ利用可能)
0120-800-000

 

どのくらい安くなったの?ぶっちゃけどう?

利用料金

今まで僕の利用料金は約1万千円。
内訳が通信料が3千円、2千円、基本料金が2千円、端末の分割払いが4千円

UQモバイルにしてからは約7千円です。
内訳が利用料金3千円、端末の分割払いが4千円です。

1万円 – 7千円 で毎月3千円浮きます。
1年間で計算すると3万6千円浮くことになります。

3万6千円ってプチ旅行が行けちゃうくらいの金額ですよね。
さらに端末の分割払いが終われば毎月3千円で済む訳ですから、1年間で9万6千円浮きます。

 

使用感

UQのSIMに切り替えてからちょっと遅いのと、繋がらないエリアがあります。

回線の速さは意識しないと分からない程度なのですが、ドコモと比べると、僕の住んでいる地域が田舎過ぎるからなのか繋がらないエリアがあります。

会社のトイレとか繋がりにくいですね・・・(サボッテル訳ジャナイヨ)

家や街中で使う分には全く問題ないと思います。

Pocket
LINEで送る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です