SwitchBot Hub Miniの説明が少なく使いづらい!?

前回、amazonのecho show5を購入したのですが、実はそれと一緒にSwitchBotSwitchBot Hub Miniを購入しました。
SwitchBotとはなんぞやと言うと、エアコンやテレビ等、リモコンの赤外線で操作する家電をアプリで一括操作できるようになります
さらにamazonアレクサを持っていれば声のみで家電を操作可能になります
勿論、全ての家電が操作可能になる訳ではないので、きちんとリサーチしてから使用しましょう。

アプリでポチポチするよりも声で操作する方が楽ですよね。イメージとしては下の図みたいな感じです。
switchbot

家に居るときは声で操作、外出先で部屋を暖めておく、または涼しくしておきたい時にSwitchBotのアプリでの操作で使い分ける事もできます。

付属品

switchbot

以下の物が付属していました。

  1. SwitchBot Hub Mini本体
  2. 説明書
  3. 壁等に貼る両面テープ
  4. USBケーブル(micro USB Type-B)2mくらい

買う前に気を付けた方が良いこと

  1. アカウント作成をしよう
    当たり前ですが、SwitchBotが届いてもすぐには使用可能にはなりません。
    Wi-Fiの設定をしたり、使用する家電を登録しなければなりませんが、その中でも盲点だったのは、SwitchBotアカウントの作成です。恐らく機器が故障した時にスムーズに切り替えできるようにアカウント作成が必要なのだと思います。
    製品が来てすぐに使えるように公式サイトの右上にログインボタンがあるので、そこから作成しておきましょう
  2. ACアダプターはありますか?
    上記の付属品でも紹介したようにUSBケーブルが付属してきます。しかし、ACアダプターは付属してきません。つまり、環境によっては使用できない可能性があります。
    余っているACアダプター、もしくは電源タップにUSBを直接挿せるのであれば問題ないですが、どちらも無い方は購入しておきましょう。SwitchBotを買っても電源が入らないです。

設定してみた

実際に設定してみました。
今回設定したのは、テレビと電気です。

スイッチボットのアプリをインストールし、スイッチボットへのログインを促されるのでログインします。
次に今回購入したSwitchBot Hub nMiniを登録します。
デバイスの追加から「Hub Mini」をタップ
ここは手順通りに進んでいけば詰まることは無いと思います。
もしもうまくいかない場合はWi-FiのID、パスワードが合っているか、アプリの位置情報の権限が許可されているか確認しましょう。
switchbot
switchbot

次にテレビのリモコンをアプリで操作できるようにします。
アプリのホーム画面へ行って追加したデバイスのアイコンをタップ
switchbot

新しいデバイスを追加するをタップ
※ここでテレビ、電気が表示されていますが、これは僕が事前に追加したデバイスなので、一番最初に設定する時は表示されていないはずです。

switchbot次に今回はテレビを設定するので、テレビをタップします。


switchbot

ずらーっとメーカーが表示されるので、自分が使っているテレビのメーカーを選択します。僕であればSONYのBRAVIAを使っているので、SONYを選択します。

switchbot

次にスマートラーニングをタップして画面の通りに操作していくとテレビの登録は完了です。

switchbot
テレビの設定は簡単だったのですが、電気の設定でつまづきました。
結論から言うと、電気の型が古くてスマートラーニングに対応していなく、自分でボタンを割り振らないとダメでした。
デバイスの追加 > ライトからカスタマイズを選択します。
switchbot

下の画面になるので、ONのボタンをタップしたら電気をつける、OFFだと電気を切るようにボタンを割り振ります。

switchbot

各ボタンをタップしたら下の画面に切り替わるので、対応する電気のリモコンを押してい行きます。
※SwitchBot Hub Miniのランプが消えてからリモコンのボタンを押さないと反応しないので注意しましょう。
switchbot

以上で設定完了です。
echos show5との連携は別記事で紹介します。

Pocket
LINEで送る

One Reply to “SwitchBot Hub Miniの説明が少なく使いづらい!?”

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です